ホーム > ダイエット > 食事制限で痩せても必ずリバウンドがやってくる!

食事制限で痩せても必ずリバウンドがやってくる!

余分な脂肪がなくスリムで健康的なボディに憧れてダイエットを始める人は多いと思います。

ダイエットを志す人たちの最終的な目標は同じかもしれませんが、そこまでのプロセスは人それぞれで、実際に、今の世の中には、さまざまな手法のダイエット法が溢れ返っている状態です。

ダイエットの基本中の基本とも言える大切なことは、単純ですが、1日あたりの総消費量を総摂取量より高めるという赤字の収支バランスを保つことです。

健康的なダイエットを考えた場合、この赤字の収支を運動によって消費量を増やして作ることが理想的になりますが、安易な考えから、とりあえず手っ取り早く簡単にできて、しかも、「短期間で早く痩せられそう・・・」という間違った思い込みから、炭水化物や脂肪分を含む食事は一切口にしないなど、無理な食事制限をして痩せようとする人は少なくありません。

確かに、今までドカ食いや暴飲暴食ばかりの食生活で、食べ過ぎが原因で太ってしまった人は、適正な食事量に戻すために食事制限が必要ですが、無理に食事量を減らして痩せようとするダイエットは絶対に避けるべきです。

しかし、実際に食事制限し、辛くても我慢を続けて数週間過ごせば、体重は減っていきます。

ですが、それはほんの一時的なものでしかありません。

いつまでも、無理な食事制限は続かないので、前の食事量に戻した途端、あっという間にリバウンドが襲ってきて、元の体重以上に激太りすることになってしまいます。

では、なぜ、食事制限で痩せてもリバウンドが待っているのでしょうか?

人の体の中で、最も多くエネルギーを消費してくれる器官は筋肉です。

スポーツをして筋肉がしっかりと付いている人や、スポーツジムなどに通って筋力トレーニングをしている人などは、一般的な人より筋肉量が多く、その結果、基礎代謝量が増え、1日あたりの総消費量が高くなって痩せやすい体になります。

しかし、食事制限だけによるダイエットで減った体重の中身は、減らすべき体脂肪より、筋肉のほうが多くを占めることになります。

ようするに、食事制限で体重が減っても、筋肉が消費されて、その結果、基礎代謝量が減り、1日あたりの総消費量も低下して太りやすい体に変わってしまうということで、そこで、前の食事量に戻せば、当然、過食状態になって太ってしまうというわけです。

http://nagishibu.biz/

リバウンドによるダイエットの失敗を避けるために、食事制限で痩せた分は、脂肪より筋肉のほうが多く、必ずリバウンドが待っているということを、理解しておきましょう。